今年の勝ち組

カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ

<南アW杯>「虹の国」素顔は…日本の交流組織が多彩な計画(毎日新聞)

 アフリカ大陸初開催となるサッカー・ワールドカップ(W杯)が11日午後(日本時間11日夜)開幕する。開催地・南アフリカを知ってもらうチャンスとして、日本国内の交流組織は期間中にさまざまな計画を立案。アパルトヘイト(人種隔離)を乗り越えて人種・民族和解のためにマンデラ元大統領が唱えた「虹の国」の実像を伝えたいと、各団体は奔走している。

 今年2月、アフリカ研究などを専攻する全国の大学生や雑貨店主らは「Viva! South Africa Team」を結成した。代表の大阪大大学院生、黒須仁美さん(24)は「W杯開催で注目される今、南アのために何かしたいと思った」と語る。6月19日に名古屋、20日に福岡で、民族衣装のファッションショーや南アに関するクイズ大会などのイベントを開き、決勝前日の7月10日には大阪府茨木市で南ア人らとフットサル大会を開催する予定だ。

 開幕直前の5日には東京都世田谷区でトークショーも主催。茨城県の高校の外国語指導助手を務める南ア人のプセレツォ・ブシ・ンコパネさんは「治安が悪い場所はどこの国にもある。W杯は南アの良いところを伝える機会になる」と笑顔で話した。

 南アのエイズ孤児の支援活動を行っているNPO「シェア 国際保健協力市民の会」は今月、子供たちの現状をまとめた本を発刊した。同会によると、南アのHIV(エイズウイルス)感染者は07年末時点で570万人。世界の感染者の6人に1人が南ア人とされ、W杯を機に多くの人に悲惨な状況を知ってほしいと訴える。NPO「アフリカ日本協議会」も26日、新宿区で南アの研究者やエイズホスピスのボランティア経験者らを招き、公開座談会を開く。

 04年に新潟で結成された市民組織「虹の国・南アフリカ交流友の会」のブログには、W杯で南アへ行く旅行者らから相談メールが寄せられている。代表の鈴木千枝子さんは97年に新潟で公演した南アの少年合唱団に魅せられ同会結成を呼びかけた。これまで16回現地を訪れ、南アに友人も多い。W杯期間中は日本戦を観戦する友人から話を聞くなどして随時、南ア情報をブログで発信する予定だ。「雄大な自然と人々の優しさに魅了されました。W杯を契機に印象が変わってくれたら」と声を弾ませた。【馬場直子】

【関連ニュース】
南アW杯:競技場でキックオフコンサート 今夜開幕
日本航空:南アW杯チャーター機ゼロに
南アW杯:マンデラ氏に来てほしいが…大会組織委
雑記帳:南アW杯での勝利願い「我居るど勝歩弁当」 宮城
南アW杯:揺れる魔球も注目 軌道は予測不能、GK泣かせ

整理手続きで否認表明=福知山線事故、JR西前社長―神戸地裁(時事通信)
<阪神本線>線路上の男女2人はねられて死亡 新在家駅で(毎日新聞)
「間違いを反省」=拉致犯の釈放嘆願署名―首相(時事通信)
口蹄疫 菅首相が宮崎入り 畜産農家で消毒作業視察(毎日新聞)
持続性がん疼痛治療剤フェントステープを24日に新発売(医療介護CBニュース)
[PR]
# by kblwhlemdx | 2010-06-15 11:20

<発炎筒火災判決>都に626万円命令 車炎上の原因認定(毎日新聞)

 首都高速で渋滞のため停車した後に自動車が炎上して修復不能になったのは、警視庁高速隊員が交通規制の際に路上に置いた発炎筒が原因として、車を所有する東京都中央区の青果卸売会社と代表取締役が都に約1000万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、都に約626万円の支払いを命じた。

 鈴木秀孝裁判官は「自動車内部に原因はなく、発炎筒以外に外的要因は見当たらない」と述べ、停車中の車両の近くにあった発炎筒の炎が原因と認定。そのうえで「発炎筒を適切に使い、消火、除去するという基本的注意を怠った」と述べ、高速隊員に重大な過失があると判断した。

 判決によると、06年9月、港区内の首都高速都心環状線の分岐点で交通規制が行われた際、高速隊員が発炎筒6本を使用。渋滞で1本の上に停車したとみられる青果卸売会社の車が炎上した。【和田武士】

【関連ニュース】
タクシー火災:男性の死因は焼死 神奈川県警が発表
火災:民家全焼 2人死亡 山形・鶴岡
火災:長屋全焼 住人の69歳女性?死亡 さいたま
火災:住宅2棟焼く 焼け跡から遺体 名古屋・中村区
火災:棟続き2軒全焼、男性が死亡…名古屋・西区

雑記帳 個人タクシー事業免許試験に中国人が合格(毎日新聞)
小林千議員の辞職勧告決議案、自公が2日提出へ(読売新聞)
一審の裁判員判決を破棄=被害者女性との示談考慮―東京高裁(時事通信)
過労と心労…宮崎県の口蹄疫担当部長が入院(読売新聞)
福島党首、普天間対応めぐり「党内分裂は考えられない」(産経新聞)
[PR]
# by kblwhlemdx | 2010-06-02 10:15

過労と心労…宮崎県の口蹄疫担当部長が入院(読売新聞)

 宮崎県は26日、口蹄疫(こうていえき)問題を担当する県農政水産部の高島俊一部長(58)が過労や心労による体調不良で入院したため、同日付で県参事に異動させたと発表した。当分の間、河野俊嗣(しゅんじ)副知事が同部長職を兼務する。

 県によると、高島部長は県対策本部の事務方トップ。24日から宮崎市内の病院に入院し、休職していた。約1か月の療養が必要という。

 高島部長は22日未明、主力級種牛「忠富士(ただふじ)」の感染を発表した際、「心配で昨日も眠れなかった」と憔悴した顔で話していた。

医療安全共同行動、「医療人全体の運動」に(医療介護CBニュース)
大麻所持で逮捕、長崎大生か=税関の家宅捜索で発見―県警(時事通信)
普天間問題で日米政府が大筋合意 辺野古沖に新滑走路(産経新聞)
口蹄疫 殺処分11万8000頭 ワクチンで感染抑制 宮崎県知事、非常事態宣言(産経新聞)
「イチゴーで全部」買春を勧誘 客引き男女9人を摘発 設置直後の防犯カメラが決め手 渋谷・道玄坂(産経新聞)
[PR]
# by kblwhlemdx | 2010-05-27 13:52

口蹄疫で対策本部…牛殺処分徹底・農家支援など(読売新聞)

 政府は17日、宮崎県で口蹄疫(こうていえき)の被害が拡大していることを受け、鳩山首相を本部長とする口蹄疫対策本部の第1回会合を開いた。

 会議で、鳩山首相は「口蹄疫は危機管理上、大変、重大な課題。防疫措置に万全を期す」と述べた。

 会議終了後に記者会見した平野官房長官は「牛の移動制限や(感染した牛の)殺処分を徹底、充実させる」と述べた。そのために、自衛隊の派遣人員を増員する。さらに、政府として、畜産農家の生活や経営を支援し、宮崎県など地元自治体の対策にかかった費用を国の特別交付税で負担することも決めた。当面の対策費用について、鳩山首相は「金額ありきではない。撲滅のためにどうするか必要な費用は出す」と述べ、2010年度予算の予備費から捻出(ねんしゅつ)する方針を示した。

 また、感染の拡大防止のために、一定地域内の家畜をすべて処分できるように家畜伝染病予防法(家伝法)を改正する可能性について、平野官房長官は、「(全頭を殺傷して)撲滅することを最優先に考え、絶対に必要なら、やらなければならないが(今日は)協議してない」と述べた。

 現行の家伝法では、検査で、口蹄疫の陽性反応が出た家畜と、同じ農場内の家畜については、国や共済の補償金が交付され、殺処分の対象となる。宮崎県などからは、一定の地域内について、感染していない健康な家畜も含めて殺処分して、感染拡大を防ぐべきだとの声も上がっている。しかし、農家に対する補償の問題や、強制的な処分が財産権の侵害にあたるとの指摘もあり、今後の対策本部での議論の焦点になりそうだ。

電車内で女性の下半身触る 小学校事務職員を逮捕 (産経新聞)
普天間、現行案修正で協議継続=米、くい打ち桟橋工法に難色か−実務者協議(時事通信)
アスリート支援企業に初の表彰制度=目指せメダリスト増―文科省(時事通信)
<日本創新党>中田・前横浜市長ら比例に擁立…参院選(毎日新聞)
小沢氏と米大使、4月上旬に会談 「政治の話していない」(産経新聞)
[PR]
# by kblwhlemdx | 2010-05-18 18:03

高速増殖炉「もんじゅ」 臨界到達(毎日新聞)

 1995年12月のナトリウム漏れ事故以来、14年5カ月ぶりに運転を再開した日本原子力研究開発機構(原子力機構)の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市、28万キロワット)は8日午前、核分裂反応が連続して起こる「臨界」に達した。

 原子力機構は制御棒19本のうち18本を引き抜いており、残る1本の引き抜きも8日午前8時49分から開始。午前10時36分、原子炉の出力が予定通り0.03%で一定になった。中央制御室では、中川正春副文部科学相らが立ち会い、当直長が臨界を宣言した。炉心の特性を確かめる試験は、5回の起動停止を経ながら7月下旬まであり、最大出力1.3%まで上昇させる。

 もんじゅでは、運転再開初日の6日から7日にかけ、原子炉容器内の放射線量測定装置が6回警報を発した。しかし原子力機構と経済産業省原子力安全・保安院は「臨界の工程に支障はない」とし、予定通り作業を進めていた。

 一方、情報公開が1回目の警報鳴動から約半日遅れたことについて、保安院の根井寿規審議官(核燃料サイクル担当)は8日、原子力機構の早瀬佑一・敦賀本部長を呼んで口頭注意した。原子力機構は原子炉を停止する16〜20日に装置を点検し、故障原因を調べる。【酒造唯】

【関連ニュース】
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ
もんじゅ:5月6日運転再開を発表
もんじゅ:運転再開 福井県知事が正式に同意

東京23区などで震度3(読売新聞)
恒久減税実現に意欲=議会解散へ署名受任者集め順調−河村名古屋市長(時事通信)
横須賀の男性遺体、殺人と断定 捜査本部設置(産経新聞)
鳩山首相、ヘリ部隊の一部は徳之島に 高嶺議長らとの会談で(産経新聞)
郵政見直し、限度額引き上げ理解できぬ 地方議員(産経新聞)
[PR]
# by kblwhlemdx | 2010-05-11 01:23


最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧