今年の勝ち組

カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ

<発炎筒火災判決>都に626万円命令 車炎上の原因認定(毎日新聞)

 首都高速で渋滞のため停車した後に自動車が炎上して修復不能になったのは、警視庁高速隊員が交通規制の際に路上に置いた発炎筒が原因として、車を所有する東京都中央区の青果卸売会社と代表取締役が都に約1000万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、都に約626万円の支払いを命じた。

 鈴木秀孝裁判官は「自動車内部に原因はなく、発炎筒以外に外的要因は見当たらない」と述べ、停車中の車両の近くにあった発炎筒の炎が原因と認定。そのうえで「発炎筒を適切に使い、消火、除去するという基本的注意を怠った」と述べ、高速隊員に重大な過失があると判断した。

 判決によると、06年9月、港区内の首都高速都心環状線の分岐点で交通規制が行われた際、高速隊員が発炎筒6本を使用。渋滞で1本の上に停車したとみられる青果卸売会社の車が炎上した。【和田武士】

【関連ニュース】
タクシー火災:男性の死因は焼死 神奈川県警が発表
火災:民家全焼 2人死亡 山形・鶴岡
火災:長屋全焼 住人の69歳女性?死亡 さいたま
火災:住宅2棟焼く 焼け跡から遺体 名古屋・中村区
火災:棟続き2軒全焼、男性が死亡…名古屋・西区

雑記帳 個人タクシー事業免許試験に中国人が合格(毎日新聞)
小林千議員の辞職勧告決議案、自公が2日提出へ(読売新聞)
一審の裁判員判決を破棄=被害者女性との示談考慮―東京高裁(時事通信)
過労と心労…宮崎県の口蹄疫担当部長が入院(読売新聞)
福島党首、普天間対応めぐり「党内分裂は考えられない」(産経新聞)
[PR]
by kblwhlemdx | 2010-06-02 10:15
<< <南アW杯>「虹の国」素顔は…... 過労と心労…宮崎県の口蹄疫担当... >>


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧